from SS|転勤族の妻応援ブログ

転勤族の妻8年目、現在ホーチミン駐在3年目の元看護師ライターが運営するブログ。転勤族の妻のみなさまなど、住む場所にとらわれず生きたい方々の助けになる情報を発信していきます。

転勤族の妻は楽じゃない?「転妻」の悩み2トップと解決法をご紹介!

f:id:fromss:20201011140452p:plain

住む場所がコロコロ変わる転勤族の妻には、仕事や人間関係の悩みが付きまといます。

本記事では、転勤族の妻歴8年目の筆者nico〔ニコ〕が、「転妻」の悩み2トップともいえる悩み2つをご紹介します!

経験に基づいた解決法もご紹介するので、同じように悩んでいる転勤族の妻の方々のお力になれれば幸いです。

 

転勤族の妻の悩み2トップとは?

転勤族の妻には、ほぼ全員が抱えるであろう悩みが2つあります。

それは、「仕事」「孤独感」です。

詳しく見ていきましょう!

 

転勤族の妻の悩み①仕事を見つけづらい

転勤族の妻にとって、「仕事をどうするか」は永遠の課題です。

必ず引っ越すとわかっている以上、正社員で雇用してくれる会社は多くありません。

私は看護師だったので比較的就職はしやすかったですが、それでも転勤のことなどを考え非常勤派遣で働いていました。

常勤で働けても転勤の度に仕事を辞めなければならないので、転勤族の妻は継続したキャリアを築きづらいのが現状です。

 

転勤族の妻におすすめの仕事方法は、以下の記事で詳しく解説しています。


転勤族の妻の悩み②孤独になりやすい

f:id:fromss:20200514203420j:plain

転勤族の妻にとって、継続した人間関係を築くのは簡単ではありません。

せっかくお友達を作っても転勤になればお別れ。

今の時代LINEなどでつながれるとはいえ、やはり一緒に遊べる友達がいなくなるのは辛いものです。

私も結婚して初めて地元を離れたときは、友人が1人もおらずとても寂しい思いをしました。

仕事もしていないし、ただ夫が仕事から帰ってくるのを待つだけ

夫が残業や飲み会で帰ってこないと衝突することも多かったです。

 

以下の記事では、孤独な転勤族の妻のうつについて詳しく解説しています。

 

転勤族の妻の悩み解決法

では、転勤族の妻の悩み2トップを解決するにはどうすれば良いのでしょうか?

私の経験も交えながらご紹介します。

 

転勤族の妻の悩み解決法①資格やスキルを習得する

f:id:fromss:20200514204447j:plain

引っ越すたびに仕事を変えなければいけない転勤族の妻にとって、資格スキルがあることは大きな強みです。

私は学生時代に看護師資格を取得していたので、非常勤であれ仕事が見つかりやすく、とても助かりました。

ただし海外駐在中は看護師としては働けないので、以前から勉強していた英語を使って知人から翻訳の仕事を回してもらったり、ライター業を始めてライティングを学んだりしています。

私の友人は営業経理事務といった経験を活かして転勤先で仕事を見つけていました。

  • 国内:全国に通用する資格を持っておく
  • 海外:リモートでもできる仕事のスキルを持っておく

の2点を押さえておくと、転勤族の妻でも働きやすいでしょう。

ただ、継続したキャリアにはもっと長期的なビジョンが必要なので、自分が今後どう生きて行きたいかという根本的な点も考えないといけません。

それが1番悩みどころなんですけどね・・・。

 

以下の記事では、転勤族の妻におすすめの資格を詳しく解説しています。

 

転勤族の妻の悩み解決法②つながりをフル活用する

f:id:fromss:20200514203447j:plain

結婚して初めて地元を離れ、知り合いが誰もいない環境に孤独を感じていた私ですが、以下のことを実践することで、少しずつ友人を作っていくことに成功しました。

これらのつながりをフル活用していけば、少しずつ孤独感は薄れていくはずです。

 

非常勤でも仕事をする

非常勤でも仕事ができれば、人との新しいつながりができます。

夫とは関係のないつながりを作ることで夫への依存度も低くなりますし、共通の話題がある友人ができると大きな安心感につながります。

私も仕事を始めてからは職場の先輩とよく遊ぶようになり、心がかなり安定しました。

 

以下の記事では、転勤族の妻におすすめの仕事をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

夫の同僚や奥さまとも積極的に関わる

f:id:fromss:20200514214249j:plain

「夫の職場つながりの付き合いはめんどくさい」と感じる人も多いですが、できれば避けずにお付き合いすることをおすすめします。(もちろん嫌な人とは距離を置いてください)

なぜなら、夫の同僚の奥さまはあなたと同じ悩みを持っていることが多いので、あなたのよき理解者になってくれる可能性が高いからです。

私も最初は「お付き合いとかめんどくさいわ・・・」と思っていましたが、色々お話ししていくうちに「むしろお互い助け合っていける存在なのかも!」と思えるようになりました。

今では夫の同僚やその奥さまと旅行に行くなど、家族ぐるみで仲良くさせていただくことも多いです。

 

習い事をする

習い事にはもともと共通の趣味をもつ人が集まるので、友達を作るのに最適です。

私も英語と茶道を習っていますが、そこでできたお友達とは共通の話題が見つけやすく、自然と仲良くなれました。

人見知りの人こそ、最初から相手の趣味がわかる習い事を始めてみてはいかがでしょうか?

 

悩んでいる転勤族の妻はあなただけじゃない!

f:id:fromss:20200514203555j:plain

頼れる人がいない転勤族の妻は悩みを1人で抱え込みがちですが、実はその悩みは転勤族の妻ほぼ全員が抱えているもの

悩んでいるのはあなただけではありません。

辛い思いをしている転勤族の妻の方に、少しでも本記事が参考になればうれしいです。

「自分はこんな経験をした!」「私はこれが辛かった!」

というような経験などありましたら、ぜひコメント欄で教えてくださいね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

メールマガジン『転妻ライフハック。』

転勤族の奥さま方を中心に、
住む場所にとらわれない生き方をしたい方を
応援する
メールマガジン
を発行しています。

「転勤族の妻でも働きやすい仕事をしたい」

「仕事をしてなくても自信を持ちたい」

「パートナーとの関係を良くしたい」 

そんな方はぜひお気軽にご登録ください!

 

 ◆ Thank you for your support!!  ◆

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ