from SS|転勤族の妻応援ブログ

転勤族の妻8年目、現在ホーチミン駐在3年目の元看護師ライターが運営するブログ。転勤族の妻のみなさまなど、住む場所にとらわれず生きたい方々の助けになる情報を発信していきます。

転勤族の妻におすすめの仕事とは?在宅ワークや資格について解説!

f:id:fromss:20200815135052p:plain

引越しが多い転勤族の妻は、仕事の継続が難しいのが実情です。

では、転勤族の妻はどうやって仕事をしたら良いのでしょうか?

本記事では、転勤族の妻歴8年目の筆者nico〔ニコ〕が、

  • 転勤族の妻の仕事の仕方

  • 転勤族の妻におすすめの資格

  • 転勤族の妻におすすめの在宅ワーク

 について解説していきます。

「夫が転勤するからって仕事を諦めたくない!」

という転勤族の奥さま方は必見です!

 

 

転勤族の妻の仕事の仕方

転勤族の妻が仕事をする方法には、

 1. 募集されている仕事に就く

 2. 自分で仕事を作る

 の2種類があります。

 

1. 募集されている仕事に就く

①正社員で働く

f:id:fromss:20200815133414j:plain

転勤族の妻でも正社員として働けることがあります。

ただし、それは全国に拠点がある大手企業や、在宅勤務の部署があるような融通の利く会社のみです。

通常の正社員は、夫が転勤になれば退職せざるを得なくなったり、夫に単身赴任してもらうしかありません。

転勤族の妻を雇ってくれる正社員の仕事は非常に限られている上、転勤というリスク以上の経験やスキルがないと、正社員として雇ってもらうことが非常に厳しいのが現実です。

 

以下の記事では、転勤族の妻の悩みを詳しくご紹介しています。

 

②派遣やパートで働く

転勤族の妻にとって1番手軽な仕事が、派遣パートです。

派遣やパートはあくまで正社員のサポートであるため、大きな責任を負うことがありません

その分比較的簡単に辞めることができ、仕事に就く際のハードルも低いのが特徴です。

ただし、転勤の度に退職し、新しい仕事を探すという手間が、転勤族の妻にとってはストレスになりやすい点があります。

 

③在宅ワークをする

f:id:fromss:20200815133446j:plain

現在はアウトソーシングやテレワークが普及したことで、多くの在宅ワークが募集されています。

ライティング文字起こしデータ入力など、初心者でもできる仕事が全国どこでもできるのが特徴です。

最初は単価が安いことも多いですが、本業と兼業も可能な上、引っ越しの度に仕事を辞めずに済むという点があります。

 

2. 自分で仕事を作る

今は様々なプラットフォームがあるため、自分で仕事を作って売るということが簡単にできます。

フリマサイトでの不用品販売や、ハンドメイド品の販売など、アイディアさえあれば、いくらでも仕事が可能です。

ただし、1からビジネスを作り上げていかなければならないため、勉強時間や資金を確保しなければならないというハードルの高さもあります。

 

仕事をしたい転勤族の妻におすすめの資格

医療系

f:id:fromss:20200815133534j:plain

医療系の資格を持っておけば、全国どこに行ってもほぼ仕事に困りません。

中でも看護師は、病院、福祉施設、保育施設など全国あらゆる場所で求められる仕事です。

准看護師の資格なら最短2年で取得可能なので、転勤族の妻にもおすすめです。

勉強に時間とお金をかけられる人は、最短3年間で取得できる正看護師検査技師放射線技師理学療法士といった資格で給与アップを目指せます。

もっと短い期間で資格を取得したい人には、数ヶ月で取得できる医療事務の資格もおすすめです。

 

栄養士

栄養士は全国の学校や福祉施設、病院などに就職可能で、どこに転勤しても使える資格です。

栄養士の資格は最短2年という比較的短期間で取得できます。

 

介護士

高齢化が進む日本では、2018年時点で全人口の28.1%が高齢者となっており内閣府より)、2035年には介護人材が79万人不足するといわれていますSankeiBizより)

介護士は今後ますます全国で必要とされる仕事です。

資格がなくても介護の仕事はできますが、介護士の資格を取得すれば給与もアップします。

介護士免許の取得は最短2年で取得可能です。

 

英語などの外国語

f:id:fromss:20200815133621j:plain

国際化が進む日本では、外国語のスキルを持った人がますます重宝されます。

外国語は翻訳の仕事にもつながるため、在宅ワークがしたい転勤族の妻にもおすすめのスキルです。

2018年現在、日本と貿易が多い国は、

 1位 中国

 2位 アメリカ

 3位 韓国

 4位 台湾

 5位 香港

 6位 タイ

 7位 シンガポール

 9位 オーストラリア

 10位 ベトナム

(引用:財務省貿易統計より)

 

となっています。

 

英語はもちろん、中国語韓国語タイ語ベトナム語といった言語を取得すれば、貿易関係の翻訳の仕事もできるようになるでしょう。

 

転勤族の妻におすすめの仕事は在宅ワーク!

f:id:fromss:20200815133808j:plain

転勤の度に仕事が変わるとキャリアも築きづらい上、就職活動も毎回やり直しです。

そんなストレスから解放されたい転勤族の妻には、在宅ワークがおすすめです。

在宅ワークなら全世界どこにいても仕事を続けることができます

私自身、現在はベトナムのホーチミンで在宅ワークから収入を得ています

現在は様々なプラットフォームが発達しており、本業と兼業で仕事をすることも可能です。

いろんなサイトに登録して、自分に合った仕事を見つけてみましょう。

 

Indeed

f:id:fromss:20200907165350p:plain

Indeedより)

Indeedは、毎日2.5億人以上がページを閲覧している世界No.1の求人検索エンジンです。

日本の在宅ワークも多く、ライターや翻訳者、Webデザイナーといった案件に応募できます。

企業情報や給与の目安も記載されているので、安心して応募が可能です。

安定したお給料を稼ぎたい転勤族の妻におすすめの求人サイトです。

Indeedこちらから!

 

ランサーズ & クラウドワークス

f:id:fromss:20200907165353p:plain

ランサーズより)

f:id:fromss:20200907165352p:plain

クラウドワークスより)

ランサーズクラウドワークスはあらゆる仕事のクラウドソーシングサイトです。

ライティングデータ入力といった初心者でもできる仕事から、翻訳システム開発といった専門性の高い仕事まで募集されており、誰でも気軽に始められます。

私は両方のサイトで主にライティングの仕事を受注しています。

無料で登録でき、自分のペースで受注できるため、ストレスフリーで仕事できるのも魅力です。

「とりあえず在宅ワークがどんなものか試してみたい」

という転勤族の妻にもおすすめです。

クラウドワークスこちらから!

ランサーズ こちら から!

 

ランサーズについて詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事も参考にされてください。

 

ココナラ

f:id:fromss:20200907165356p:plain
ココナラより)

自分の特技やスキルを積極的に売り込みたい転勤族の妻には、ココナラの利用がおすすめです。

イラスト作成グッズ販売占いお悩み相談など、多種多様なサービスが出品できます。

私自身もココナラで翻訳サービスを販売し、収益を得ました。

趣味や特技で収入を得たい転勤族の妻にはおすすめのサイトです。

ココナラこちらから!

 

転勤族の妻は資格や在宅ワークで自由に仕事をしよう!

f:id:fromss:20200810170046j:plain

転勤族の妻は正社員としては働きづらいですが、資格の取得や在宅ワークで自由な働き方が可能です。

1つの場所に縛られずに済むということをメリットとして捉え、いろんなことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

本記事が転勤族の妻のお仕事に少しでもお役に立てば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

メールマガジン『転妻ライフハック。』

転勤族の奥さま方を中心に、
住む場所にとらわれない生き方をしたい方を
応援する
メールマガジン
を発行しています。

「転勤族の妻でも働きやすい仕事をしたい」

「仕事をしてなくても自信を持ちたい」

「パートナーとの関係を良くしたい」 

そんな方はぜひお気軽にご登録ください!

 

 ◆ Thank you for your support!!  ◆

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ